知っ得ウォーターサーバー

ウォーターサーバーの選び方

ここ数年、ウォーターサーバーを利用する家庭やお店が増えています。水に対する安全性の高まりや、スタイリッシュなデザインのものが増えてきていることが人気を後押ししているようです。ウォーターサーバーを取り扱うメーカーや業者も増えているため、選び方には気つけたいところです。

ウォーターサーバーには、使用済みのボトルを業者がそのつど回収するガロン(リターナブル)ボトルと、使い捨てできるワンウェイボトルとに分けられます。それぞれメリット・デメリットがあります。ガロンボトルは自分で廃棄する手間はありませんが、大きな10リットル容器を業者の回収日まで保管しておかなくてはならず、スペースが必要です。ワンウェイボトルは、柔らかい素材でできているうえ、飲むたびに容器が圧縮されていくため、廃棄する際もかさばりません。ただ、ガロンボトルよりも価格が高い傾向があります。

水の種類での選び方もあります。ウォーターサーバーには、天然水とRO水というものがあります。天然水は特定の地下水源から採水されたナチュラルミネラルウォーターで、健康に良いミネラル成分が含まれています。RO水というのは、水道水を高性能フィルターに通してろ過したもので、水道水に含まれる塩素やトリハロメタンなどの有害物質が除去されています。比較的安くて安全と言われていますが、天然水と比べると味は好みが分かれるところのようです。なお、人工的にミネラル成分を添加しているRO水もあります。

ウォーターサーバーのデザインもポイントとなります。家のどこに設置するかをイメージし、インテリアになじみやすいデザインを選ぶことが大切です。最近では、シンプルなものからカラフルで目立つデザインまで、バリエーションも多くあります。

さらには業者によるメンテナンスのスパンなども考慮して、お好みのウォーターサーバーを見つけてください。