知っ得ウォーターサーバー

HOME >>  ウォーターサーバーについて > ウォーターサーバー市場の今後

ウォーターサーバー市場の今後

ウォーターサーバー市場は拡大しています。

ウォーターサーバーを利用する人の多くが「安心で安全な水が欲しいから」「おいしいから」という点を重視して購入しています。自治体も上下水道の整備には積極的に取り組み、安全でおいしい水を提供しているはずなので、自治体によっては水道水をペットボトルに入れて販売しているところもあるほど、水道の水は一時期に比べれば安全性や味は高まっているはずなのですが、消費者意識はそれとは離れているようにも見受けられます。

また、ウォーターサーバーを利用する人の中で「重いモノを運ばなくて良い」「冷水もお湯も両方使えて便利だから」という理由で選ぶ人の数は、今後増えてくることが予測されます。国全体での超高齢化社会はもうすぐそこです。また、燃料高騰などにより車離れが叫ばれて久しい昨今、宅配市場は今後も成長が期待される分野です。中でも、ウォーターサーバー市場は、重いモノであること、水は命に直結するものであること、サーバーを利用するからリピートが必須であること、などからその需要は今後さらに高まることが予測できます。

リピートが必須であるということは実はすごく重要なポイントであり、現在ウォーターサーバー事業を手掛けるメーカーの中には、地域密着型をキーワードにする企業も少なくありません。超高齢化社会となり、独居老人などが増えることにより、見守りが必要になってくることも考えられます。そのため、水を宅配する業者は高齢者の自宅を訪れることが増えることになるので、水のお届けと同時に、高齢者の様子をうかがうこと等、いわば福祉的な業務を兼ねることも予測されるのです。

消費者の安心で安全への志向は今後も高まるでしょうし、高齢化という社会的な背景も伴い、ウォーターサーバー市場は今後も拡大していくことが予想されます。