知っ得ウォーターサーバー

HOME >>  ウォーターサーバーについて > 安全な水を利用出来る

安全な水を利用出来る

かつては商業施設やオフィスだけで利用されていたウォーターサーバーも、2011年以降急激に一般家庭への普及が進み、今では多くの家庭でウォーターサーバーを設置しています。

震災の際には断水などの懸念から水の買い占めなどが問題になりましたが、震災以前からウォーターサーバーを利用していた人には、それほど水に関する混乱は起こらなかったこともあり、いざという時の備えとしても活用している人は少なくありません。

ウォータサーバーを設置するメリットは、災害時の備えだけではありません。「ウォーターサーバーの水は、安全である」ということもメリットの一つです。2011年の東日本大震災の際に爆発した原子力発電所の影響で、東日本全域の水が放射性物質によって汚染され、その危険性が危惧されて安全な水を求める声が高まりました。特に、粉ミルクなどが必要な乳幼児を抱える家庭にその声は多く、その際に安全性を強く打ち出したの多ウォーターサーバー業界というわけです。

ウォーターサーバーに使われている水は、基本的に富士山や西日本などの原発事故の影響を受けづらい地域からのミネラルウォーターや、化学的な超微細フィルターによって細菌やウイルスという不純物を取り除いた濾過水などがあります。また、それらも採水の際には残留放射性物質を検査し、規定以下の物であることを確認してからの出荷となりますので、安全であることは間違い有りません。

震災から数年経ち、政府の発表ではもう放射性物質の心配は要らないとのことですが、今後いつ同じような大地震が起きるかどうかもわかりません。その時に同じような水騒動に巻き込まれないように、定期的に安全で美味しい水を大量に用意出来るウォーターサーバーを備えておくことは、間違った判断ではないと言えるでしょう。